外壁塗装で気になる費用・相場はどのくらいなの?

外壁塗装の費用はいくら

住宅は長年住み続けると、徐々に劣化するものです。

そこで長く住み続けるのであれば、何かしらのリフォームが必要となってきます。

その中の一つである外壁塗装は見た目だけでなく、塗膜で住宅を守るという意味でも定期的に行った方がいいといわれています。

外壁塗装を行うにあたって気になるのが費用でしょう。

相場はどのくらいか、この情報を把握しておけば悪徳業者に引っかかるリスクも低くなるでしょう。

外壁塗装の相場について

外壁塗装の相場について、どのサイトよりもわかりやすい価格表を作成しました。

概算見積もりですが、一目見て外壁塗装の相場がわかります。

【2階建て】30坪の相場について

外壁塗装相場30坪
30坪の相場表(概算)
延べ床面積ウレタンシリコンフッ素
30坪65万77万84万
外壁のみの塗装費用例(概算)

※地域によって価格帯は異なります。
※足場代込み金額です。

【2階建て】40坪の相場について

外壁塗装相場40坪
40坪の相場表(概算)
延べ床面積ウレタンシリコンフッ素
40坪84万98万111万

※地域によって価格帯は異なります。
※足場代込み金額です。

【平屋】30坪の相場について

外壁塗装相場30坪平屋
30坪の相場表(概算)
延べ床面積ウレタンシリコンフッ素
30坪65万77万84万
外壁のみの塗装費用例(概算)

※地域によって価格帯は異なります。
※足場代込み金額です。(平屋でも足場は必要です!)

【屋根のみ】塗装価格の相場表

屋根塗装相場
屋根塗装の相場表(概算)
延べ床面積ウレタンシリコンフッ素
30坪31万37万48万
40坪39万48万62万
50坪48万59万75万

※屋根面積は1階面積(平米)✖️1.5倍が目安

【外壁塗装】費用の内訳について

外壁塗装,工程別,金額割合

外壁塗装の料金は主に4つの要素によって構成されます。

材料費

外壁塗装は材料費に30%かかる

まずは材料費です。工事をするにあたって使うアイテムの実費です。

塗料はイメージしやすいでしょうが、そのほかにも養生シートや飛散防止ネット、シーリング材などが含まれます。

足場代

外壁塗装は足場代に30%かかる

工事をするにあたって、足場を組む必要があるでしょう。作業員が施工するにあたって足元の安全を保証するためです。この足場の費用も工事費の総体に含まれます。

人件費

外壁塗装は人件費が20%かかる

そのほかに人件費もかかります。人数のほかにも、担当する人のキャリアも値段に影響します。ベテランであればあるほど、それだけ費用もかさみます。

諸経費

外壁塗装は諸経費が20%かかる

あとは諸費用として現場に行くまでの交通費や作業するにあたっての諸手続きの手数料などが含まれます。材料費と足場が全体の20%ずつ・人件費とその他費用がそれぞれ30%といった内容になるのが一般的です。

項目塗装面積(㎡)単価合計金額
足場120㎡¥650¥78,000
高圧洗浄120㎡¥200¥24,000
養生120㎡¥400¥48,000
飛散防止ネット120㎡¥700¥84,000
シーリング打ち増し120㎡¥80,000
下地補修120㎡¥10,000
下塗り(シーラー)120㎡¥750¥90,000
シリコン系塗料120㎡¥2,800¥336,000
廃棄物・ゴミ処理費、雑費¥20,000¥20,000
合計¥770,000

外壁塗装の費用を正確に算出するためには何が必要?

外壁塗装の費用を正確に算出したい

外壁塗装を業者に依頼するにあたって、費用を知るためにはまず見積もりをお願いすべきです。(塗装の前に)

こういわれると、正式に外壁の塗装を依頼してから見積もりを出してもらうものと思っている人も多いかもしれません。

しかし見積もりは依頼前にお願いすることが可能です。

そしてもしその内容が納得いかなければ、断ることももちろんできます。ちなみに普通の業者であれば、見積もりは無料で行ってもらえます。また断った場合でも、後々料金を請求されることはないです。

この見積もりは、特定の1つの業者にお願いしなければならないというルールもありません。ですから複数の業者に見積もりをお願いして、それぞれの料金やその内容を見てどこにお願いするかを決めるという方法もあり得ます。複数にお願いすれば、だいたいの外壁塗装に掛かる相場観が把握できます。2~3の塗装業者に見積もりをお願いするといいでしょう。

外壁塗装職人 佐竹
外壁の見積もりはめんどくさがって1者だけの見積もりで契約する人が多いのが現状です。

外壁塗装の悪徳業者を選ばないためには

外壁リフォームで悪徳業社を選ばないには

外壁塗装の工事を行っているところはほとんどがきちんとした営業を実施しています。

しかし残念なことに一部悪質な営業を行っている業者もあるのもまた事実です。

このような悪徳業者に引っかからないようにするには、見分け方をマスターしておきましょう。

まず多いのが即決を求めることです。

悪徳業者

このままだとすぐに雨漏りしてしまいます

本日中に契約してくだされば大幅に値引きしますよ,,,

といった感じで不安などをあおり、契約をせかせるような業者には注意したほうがいいです。きちんとしたところであれば、お客さんにすぐに契約するように求めることはまず考えにくいです。

そのほかにはおかしな値引きをしてくるところも注意すべきです。

例えば

悪徳業者

他社の見積もりではいくらですか??

見積金額300万円ですが、今日契約いただければ100万円で請け負いますよ!!

のような言葉です。これは相手が相場を知らないと思って適当に見積もりをして、大幅な値引きをすることでお得感を演出していると考えられます。

このような業者に出会ったら、別のところにお願いするのが賢明です。

↓この記事も読まれています│´ω`)ノ↓

外壁を塗り替える重要性と適切な塗り替えの時期

2019年1月18日
【2019年最新】外壁塗装業者おすすめ比較ランキング

外壁塗装業者おすすめランキング

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

建築材料会社に勤務4年、外壁塗装業会社に出向し営業などを担当。 屋根防水(屋上防水)、屋根瓦張り替え、外壁塗装などの見積もりや施行管理などに精通する。 現在建築材料会社から支援を受けて大学にて研究員として日々建材の研究を行う。