外壁を塗り替える重要性と適切な塗り替えの時期

外壁塗装のメンテナンスは、10年周期で塗り替えることが推奨されています。

外壁塗装を定期的に行うことで、大事な家を長持ちさせることができます。

今回は外壁塗装の

についてご紹介します。

【sosに気づいてる??】外壁の塗り替えのサインについて

カビ・汚れ

外壁の汚れ対策

外観上の塗り替えサインとして、外壁塗装の色が黄ばんで来たり、コケやカビが発生してすると、塗り替えの必要な時期です。

塗膜が剥がれ落ちているため、汚れがどんどん壁に侵食している状態です。

わずかなものであれば、本格的に塗り替えする必要はありませんが、大きく外観を損ねるようであれば、業者に相談する必要があります。

チョーキング現象

外壁チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁に白い粉がつく塗膜が劣化したことをさす現象です。

チョーキング現象を放置しておくと、外壁にヒビが入ったり、室内のクロスにカビが生えるなど、家屋全体に悪影響を及ぼします。

基本的に時間と共に劣化してゆくのが普通ですが、台風や地震などの影響で一気に外壁の状態が悪化することもありますから、定期的に問題がないか調べておくことが大切です。

ひび割れ

外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけではなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まります。

外壁のひび割れを放置すると、近い将来にあまりの危険性が考えられます。

外壁の塗り替えの時期について

外壁の塗り替えの時期

外壁の塗り替え時期とは

10年で外壁の塗り替えをしていれば、雨漏りなど外壁のトラブル問題を防げることがほとんどですが、使用している塗料の耐久年数によって、具体的な時期が若干変わります。

耐久年数の目安は、アクリル塗料が3~5年、ウレタン塗料が6~10年、シリコン塗料が12~15年、ラジカル塗料が14~15年、フッ素塗料が15~20年です。

塗料の種類耐久年数防水性オススメ度詳細ページへ
アクリル3〜5年詳細を見る
ウレタン6〜10年★★詳細を見る
シリコン12〜15年★★★★★詳細を見る
ラジカル14〜17年★★★★詳細を見る
フッ素15〜20年★★★★詳細を見る

施工した業者の技術や環境などによって実施の耐久年数に違いはありますが、価格の高い塗料ほど、耐久年数が長い傾向があります。

外壁塗装にふさわしくない月

外壁塗装にふさわしくない月

外壁塗装は基本的に雨が降る中では工事ができません!

また気温が5°C以下、湿度が80%以上の場合、塗料の乾燥が遅くなるため、湿度の高い夏の日の日や、冬の寒いは塗装に向きません。

季節でいうと6月〜7月の梅雨時期、12月〜2月の冬の寒い時期は、塗料の乾燥が進まず仕上がりが悪くなったりします。

梅雨時期に外壁塗装は依頼できるの??

梅雨時期外壁塗装

梅雨時期でも外壁塗装の依頼は可能です。

梅雨時期に外壁塗装を依頼すると、塗装業者さんによっては、割引やキャンペーンを行っている業者さんもあります。

ネットを使えば、割引やおすすめの塗装業者を無料で紹介してくれるサービスもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

梅雨時期の塗装に気をつけたいこと

外壁の塗装期間はどれぐらい??

梅雨時期作業している塗装業者

外壁塗装の平均日数は2週間ほどです。

通常の一軒家の場合、天候に恵まれれば10日間で外壁と屋根の塗装工事は終わります。

雨や強風を考慮すると、実際は2週間程度工期がかかります。

外壁を塗装したメリット

建物の美観を高める

外壁レンガ

外壁の塗り替えることで、建物の美観を高まります。

高級な住宅でも、汚れていたりカビが生えたりする外壁では、イメージが大きく損なわれます。

周囲に住んでいる人の評価が下るだけではなく、クレームの原因ともなるので、常に外壁の塗装が良いように、注意しなくてはなりません。

さらに、外壁は建物の資産価値にも影響を与えます。

建物内部がリフォームしていても、外壁の状態が悪いと価値が下がりますから、定期的に外壁を塗り替えておく必要があります。

建物を保護する

外壁塗装喜ぶ家族

外壁塗装は、建物の美観を高めるだけではありません。

塗料の機能によって紫外線から壁を守り、水分が壁に侵入するのを防ぎます。

他にも、夏は冷房効果を高め冬は遮熱効果のある遮熱機能や、外壁の汚れを自動的に洗い流す機能を持った塗料もあります。

このように、外壁塗装は建物を保護する役目も持っているので、劣化したら塗り替えをする必要があります。

外壁塗装が劣化しても、見た目さえ我慢すれば良いという問題ではないのです。

外壁の塗り替えを放置すると・・

外壁塗装(塗膜)が役に立たなくなる

外壁塗膜の剥がれ画像

塗料の耐用年数を過ぎても放置しておくと、塗料の成分が劣化して外壁を守ることができなくなるので、壁やサイディングなどに紫外線が当たることになりますし、雨水が浸透し湿気が壁に含まれてしまいます。

そうなると、ひび割れやカビなども発生するため、建物内部は快適な状態を維持することができません。

さらに、害虫や害獣に侵入して、衛生面でも問題も引き起こします。

建物にも影響が出る

外壁塗装放置

塗り替えを放置することで、建物全体にも影響が出て来ます。

外壁が腐食し、雨漏りなどの不具合が発生するので問題です。

外部から水が浸入するようになると建物の強度が弱まり、安全に生活できない環境となってしまいます。

このような大きな影響が出るようになると修理するが大変なので、外壁に塗り替えのサインが現れた時に、早目に処置しておくのが得策です。

適切な時期に外壁の塗り替えをしておけば、大きな被害が出ることもありませんし、費用を抑えることもできます。

外壁塗装は業者に依頼するのが一番

外壁塗装おすすめ業社画像

DIYの経験がある人などは、外壁塗装くらいできると思い勝ちですが、塗り替え作業には多くの知識と技術が必要です。

小さな個所のコーキングができた人でも、壁の塗り替えは手に余る作業です。

途中で作業を投げ出してしまうと、建物にダメージを与えてしまいますし、業者に依頼した場合でも作業しにくくなってしまいます。

外壁塗装が必要になった時は、業者に連絡をして見積もりを取るのが最善の方法です。

↓この記事も読まれています│´ω`)ノ↓

外壁のひび割れ(クラック)の原因と補修方法を徹底解説!

2018年11月13日
【2019年最新】外壁塗装業者おすすめ比較ランキング

外壁塗装業者おすすめランキング

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

建築材料会社に勤務4年、外壁塗装業会社に出向し営業などを担当。 屋根防水(屋上防水)、屋根瓦張り替え、外壁塗装などの見積もりや施行管理などに精通する。 現在建築材料会社から支援を受けて大学にて研究員として日々建材の研究を行う。